トクするドレス選び

契約を急がす結婚式場は要注意 > トクするドレス選び

狙い目はヴィンテージドレスやアンティークドレス

人と被らず、個性的なものを求めるなら、ヴィンテージドレス

結婚式はほとんどの人がウェディングドレスを着ますが、ドレスショップでレンタルするのが一般的ですよね。
でも世界で見ると、ウェディングドレスをレンタルするのは日本をはじめとするアジアだけなんです。ウェディングドレスをレンタルするだけでもすごく高いのに、作ったら高いに決まってると思いがちですが、実はほとんど料金は変わりません。それどころかお店によっては、レンタルより作った方が安くなるところもあります。
海外ではオーダーメイドでドレスを作って、結婚式のあとはワンピースにリメイクしたり、そのまま保管しておいて、それを娘の結婚式に着せたりします。オーダーメイドの方が自分の体のラインに合わせて作るので、よりきれいなラインになりますし、多少のデザイン変更も可能になります。料金がほとんど一緒か安くなるなら、絶対作る方がいいですよね。オーダーで作る以外にもう一つお得な方法があります。

それは海外のヴィンテージドレス、アンティークドレスを買うことです。
日本の場合、どのドレスショップでレンタルすると、どうしても流行のドレスから選ぶしかないのですが、ヴィンテージドレスやアンティークドレスだと人と被ることもないので、人と違うドレスが着たい人にはぴったりです。

徐々に流行の兆しがあるヴィンテージ、アンティークドレス

最近のドレスはほとんど中国やベトナムで作っているので、細かいレースや刺繍など、ハンドメイドならではの良さがないドレスばかりですが、ヴィンテージドレスやアンティークドレスはボタン一つ見ても、クルミボタンを使っていたり、ディテールの美しさが流行りのドレスとは全く違います。
昔はなかなか手に入れるのが難しかったのですが、ここ数年でヴィンテージドレスを扱うお店が増えてきたので、値段も手頃になり、ドレスの種類も増えてきたので、今が狙い目です。ホテルウェディングではヴィンテージドレスは合わないかもしれませんが、おしゃれなゲストハウスやレストランなら、空間の雰囲気とも合わせられます。
でも結婚式で着るには勇気が・・・という人は前撮りで着るのもおすすめです。
和装の前撮りが人気ですが、和装に興味がない人や人と違うことがしたい人にはヴィンテージドレスやアンティークドレスの前撮りは特におすすめ。ヴィンテージドレスは一点物ばかりなので、まずはお店に行って自分の好みや体に合うドレスがあるかどうか、試着してから考えてみるのもいいかもしれません。ヴィンテージドレスのお店はおしゃれなところが多く、ドレスを借りなくても、変わったアイデアがいっぱいなので、ドレスを見に行くだけでも価値があるかも?